相続問題に発展する前に弁護士の手続きを取ろう

弁護士

法律相談をしよう

弁護士に法律相談をする前に、聞きたいことや法律知識に関して自分で下調べしておきましょう。下調べしておけば、限られた時間内で効率よく弁護士に相談することができます。事務所まで行く時間がないなら、岡山で電話相談を行なっている事務所を探してみましょう。

財産承継の手順と期限

相談

トラブル発生時は相談を

大切な家族や親族が亡くなって不動産や現金・株式などの財産を残した場合は、法律に従って相続の手続きを進めなければなりません。遺産分割や相続税の申告・納付を行う際の手続きは非常に煩雑なことで知られていますが、それぞれ一定の期限も存在するためさらに注意が必要です。まず故人の死亡から7日以内に死亡届を提出した後、相続人が複数いる場合は遺産分割協議が欠かせません。協議に先立っては相続人と遺産の調査を実施する必要があり、この段階で財産目録を作成しておけば以後の協議や手続きが楽になります。財産を調査した時点で故人に思わぬ借金が存在した事実が判明する例も少なくありませんが、3ヵ月以内であれば相続放棄または限定承認を選ぶことができます。プラスの遺産よりも債務金額が多い場合でも、所定の手続きを踏めば借金を背負わずに済むのです。いずれも期限以内に家庭裁判所への申し立てを行う必要がありますので、必ず3ヵ月以内に遺産内容をしっかり調査した上で判断することが求められます。故人の所得税準確定申告と納付は4ヵ月以内に済ませなければなりませんが、相続税が発生する場合の申告と納付は10ヵ月が上限です。その課税額は相続人ごとに計算されますので、遅くとも10ヵ月以内に遺産分割協議も済ませておくといいでしょう。不動産登記や銀行口座・有価証券などの名義変更も終えた後に、最終的な相続税の申告・納付をもって主だった手続きは完了します。以上のような諸手続きをすべて自力で行うのは困難な上に、トラブルに発展してしまうような例も少なくありません。そうしたトラブルの相談は弁護士が得意としており、遺留分減殺請求や遺産分割調停の申し立てといった事例にも対応してくれます。相続税に関する相談は税理士を、不動産の名義変更手続き代行は司法書士をそれぞれ利用することでトラブルを未然に防ぎ、相続手続きをスムーズに終えられるのです。

男の人と女の人

事務所選びをしよう

東京で顧問税理士を探す時に重視すべきは、自分と税理士の相性です。いくら業界に詳しい人であっても、相性が悪ければ長い付き合いができません。契約前に面談をして、税理士の人柄や話しやすさをチェックした上で、契約するかどうかを判断しましょう。

男性

弁護士選びで悩んだら

九州にある大都市の一つ、福岡には、弁護士や司法書士の事務所が数多く存在しています。過払い金に関する相談をする場合こうした事務所に依頼するのが一般的ですが、できるだけ実績が豊富なところを選ぶと手続きも早く安心です。